空室検索

×

HOT SPRING温泉

湯のやさしさに
四季を映してしみじみと

「美人の湯」とも呼ばれる通り肌になめらかな泉質をお楽しみいただけます。
日常のおつかれをどうぞゆっくり癒してくださいませ。

SPA PUBLIC大浴場

みょう加湯 森林と過ごす癒しのひととき

浴室から囲まれ見えるのは、自然が生み出した緑豊かなやさしい風景。
まるで森林に浸かっているかのような癒しの時間をお過ごしくださいませ。

東屋風の檜露天風呂では、木の揺れる音を聞きながら、ゆったりとした静かな空間。
身体をほぐすジャグジー温泉と共に、心ゆくまでお楽しみくださいませ。

みょう加湯

みょう加湯

ジャグジー風呂

ジャグジー風呂

檜露天風呂(昼)

檜露天風呂(昼)

檜露天風呂(夜)

檜露天風呂(夜)

みょう加湯 サムネイル ジャグジー風呂 サムネイル 檜露天風呂(昼) サムネイル 檜露天風呂(夜) サムネイル

オレンジ風呂 湯けむりにつつまれ心温まる

太陽の光が射す開放的な空気の中、湯量豊富な温泉が心も身体も温めます。
湯河原の特産「オレンジ」を輪切りにしたモチーフの浴槽が特徴的で、
中心から湧き出る豊富な温泉の音は、非日常の時間を演出します。

庭園風の岩露天風呂では気持ちの良い風にあたりながら、ゆったりとお過ごしくださいませ。

オレンジ風呂

オレンジ風呂

見晴らし露天風呂(昼)

見晴らし露天風呂(昼)

見晴らし露天風呂(夜)

見晴らし露天風呂(夜)

オレンジ風呂 サムネイル 見晴らし露天風呂(昼) サムネイル 見晴らし露天風呂(夜) サムネイル

SPA PRIVATE貸切展望露天風呂

展望露天風呂 贅沢なひと時を過ごす
展望露天風呂

見上げれば広がる青空と、四季折々に変化する山間の景色が魅力の空間です。
夜はひかえめの照明に、そっと肌をやさしく温めるかけ流しの温泉。
小さなお子様、ご高齢の方も快適な安心できる浅めの浴槽でございます。

家族、友人、カップル、ひとりじめ。
プライベートな空間のお過ごし方は、皆様におまかせいたします。

貸切露天風呂 ①

貸切露天風呂 ①

貸切露天風呂 ②

貸切露天風呂 ②

貸切露天風呂 ② (夜)

貸切露天風呂 ② (夜)

貸切露天風呂 ③ (夜)

貸切露天風呂 ③ (夜)

 サムネイル  サムネイル  サムネイル  サムネイル

温泉成分

詳しく見る
  1. 源泉名/泉32号泉 熱海市泉元宮上分字水ノ口沢下265-19
  2. 温泉の泉質/カルシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉(低張性、アルカリ性、高温泉)
  3. 源泉の温度/61.0度
  4. 温泉を公共の浴用に供する場所における温泉の温度/42.0度
  5. 温泉の成分 (pH9.0)
  6. 陽イオン 陰イオン 非解離成分
    リチウムイオン   フッ素イオン   メタ亜ヒ酸  
    ナトリウムイオン 120.9 塩素イオン 19.3 メタケイ酸 61.0
    カリウムイオン 4.1 臭素イオン   メタホウ酸 0.7
    マグネシウムイオン   チオ硫酸イオン      
    カルシウムイオン 259.8 硫酸イオン 839.9    
    アルミニウムイオン   炭酸水素イオン 6.1 溶存ガス成分
    マンガンイオン   炭酸イオン 7.2 遊離二酸化炭素  
    鉄(Ⅲ)イオン   ヨウ素イオン      
    銅イオン   水酸イオン 0.2    
    その他微量成分
    アルミニウムイオン 0.05 マグネシウムイオン <0.04 亜鉛イオン  
    臭素イオン <0.05 チオ硫酸イオン <0.1 鉛イオン  
    水酸イオン   メタ亜ヒ酸 0.037 リン酸水素イオン  
    総リン酸態リン <0.03 重炭酸ソーダ   ヨウ素イオン <0.05
    鉄(Ⅲ)イオン <0.05 鉄(Ⅱ)イオン <0.05 硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素  
    総硫化水素 <0.1 銅イオン <0.01 マンガンイオン <0.01
    総成分 1.319g/kg
  7. 温泉の成分の分析年月日/平成15年2月26日
  8. 登録分析機関の名称及び登録番号/財団法人静岡県生活科学検査センター所長 磐本昭夫 静岡県第1号
  9. 加水の有無とその理由
    加水/有、源泉温度が高いので加水しています。温度管理のため真湯を加えることもあります。
    (大浴場、男・女浴槽、ジャグジー)
  10. 加温の有無とその理由
    加温/無
  11. 循環の有無、ろ過の有無とその理由
    循環/有、浴槽の温度を適温に保つため循環装置を使用しています。
    ろ過/有、浴槽を衛生的に保つためと温泉資源保護のため、循環ろ過装置を設置しています。
    (大浴場、ジャグジー)
  12. 入浴剤の使用の有無及び名称とその理由
    入浴剤使用/無
  13. 消毒の有無及び方法とその理由
    消毒/有、静岡県旅館業法施行条例の基準を満たすため、塩素系薬剤を使用しています。
    (大浴場)
  14. 浴用の禁忌症
    1. (1) 一般的禁忌症
      急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、心臓病(ただし高温浴<42度以上>の場合)、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、高度の動脈硬化症(ただし高温浴の場合)、高血圧症(ただし高温浴の場合)、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(とくに初期と末期)
  15. 浴用の方法及び注意
    1. (1) 温泉療養を始める場合は、最初の数日の入浴回数を1日あたり1回程度とすること。その後は1日あたり2回ないし3回までとすること。
    2. (2) 温泉療養のための必要期間は、おおむね2ないし3週間を適当とすること。
    3. (3) 温泉療養開始後おおむね3日ないし1週間前後に湯あたり(湯さわり又は浴湯反応)が現れることがある。「湯あたり」の間は、入浴回数を減じ又は入浴を中止し、湯あたり症状の回復を待つこと。
    4. (4) 以上のほか入浴には次の諸点について注意すること
      1. 入浴時間は、入浴温度により異なるが、初めは3分ないし10分程度とし、慣れるにしたがって延長してもよい。
      2. 入浴中は、運動浴の場合は別として一般的には安静を守る。
      3. 入浴後は、身体に付着した温泉の成分を水で洗い流さない。
        (湯ただれをを起こしやすい人は逆に浴後真水で身体を洗うか、温泉成分を拭き取るのがよい)
      4. 入浴後は、湯冷めに注意して一定時間の安静を守る。
      5. 熱い温泉に急に入るとめまい等を起こすことがあるので十分注意をする。
      6. 食事の直前、直後の入浴は避けることが望ましい。
      7. 飲酒しての入浴は特に注意する。
  16. 浴用の適応症
    1. (1) 一般的適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進 (2)泉質別適応症 きりきず、やけど、動脈硬化症、慢性皮膚病

RESERVATION宿泊のご予約

お電話でのご予約もお気軽に

空室状況の確認・ご予約

お電話でのご予約

0465-62-5111

受付時間 - 9:00~19:00